勃起不全の治療

マッサージで回復

仕事や家庭生活のストレスによって勃起不全になってしまう男性が少なくありません。現代社会はストレス社会だと言われていますので、本人も気づかぬうちに大きなストレスをため込んでしまうことがよくあります。ストレスが原因で性欲を全く覚えなくなってしまったり、性欲を感じることはあっても陰茎が勃起しなくなってしまうケースがよくあります。特に症状が起こりやすいのは中年期以降ですが、最近は20代や30代のうちからそのような症状に悩まされてしまうケースが多くなってきています。陰茎が勃起しないとセックスすることができませんので、パートナーの女性からなじられてしまい、そのプレッシャーで余計に症状を悪化させてしまうことがよくあります。そのまま放置しておいても自然に治ることは少ないので、専門クリニックで早めに治療を受けるようにするのが望ましいです。

勃起不全の症状が起こっている場合、ストレスや疲れのせいだろうと勝手に思い込んでしまう男性が少なくありません。確かに、仕事のストレスや疲労が原因でEDになってしまうケースが多いですが、何らかの疾患が原因でEDになってしまうこともあります。もともと糖尿病などの治療を受けているような人であれば、勃起不全になる可能性があることを知っていることが多いですが、気がつかないうちに何かの病気にかかり、そのために陰茎が勃起しなくなってしまうケースもあります。ですので、勝手な自己判断でED治療薬を個人輸入して飲んだりせず、まず医療機関で診察を受けるようにした方がよいでしょう。疾患の種類によってはED治療薬の服用が悪い影響を及ぼしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。